ふかよみこうさつ室

物語は深読みしたもの勝ち

【ふかよみこうさつ】横浜リリー

ごきげんよう

 

こちらは、ポルノグラフィティ「横浜リリー」の【ふかよみこうさつ】です。

詞や曲、技術的な部分に触れた美しい文章ではありませんので、ご了承ください。

 

それでもかまわないという方、どうぞお進みください。

解釈違い絶対許さないパーソンな方は、ブラウザを閉じてください。

あなたとわたし、それぞれの世界で、だいすきな曲をすきなままでいましょう。

 

はじめに、基本情報をまとめておきます。

 

横浜リリー

作詞:新藤晴一

作曲:ak.homma

初収録:アルバム「m-CABI」14曲目(2006年)

ベスト:「PORNO GRAFFITTI BEST JOKER 」6曲目(2008年)

※ライブDVD「横浜ロマンスポルノ'16」では、

昭仁さんと晴一さん、ふたりによるアコースティックver.が収録されています。

 

お手元に歌詞カード、

もしくは歌詞を確認できるページをご用意いただけるとさいわいです。

 

わたしが言いたいことは、ひとつです。 

横浜を離れたリリーさんが暮らしている「違う街」「遠い街」、それは尾道では?

 

いままでも、わたしはリリーさんが暮らしている街について言及してきました。

横浜のリリーさんがいま暮らしてる街を知りたいとおもう

— さえこ (@saecophony) August 3, 2016

twitter.com

天気職人さんも言及してたけど、リリーさんは遠い街といえど、港町に住んでる気がするんだよね、神戸とか

— さえこ (@saecophony) September 4, 2016

twitter.com

 

しまなみロマンスポルノ'18のために、横浜から尾道に行ってみて、気づきました。

尾道って、横浜からはちょうどいい距離の「遠い街」で「港町」なんです。

 

横浜(桜木町、みなとみらいエリア)

f:id:saecophony:20180916232420j:plain

f:id:saecophony:20180916232556j:plain

f:id:saecophony:20180917002005j:plain

山下公園からの横浜港。仁義を投げ捨てるならここでしょうか。

(※この写真のみ、2016.09.03撮影)

 

本牧本牧埠頭)

f:id:saecophony:20180916232738j:plain

f:id:saecophony:20180916232908j:plain

f:id:saecophony:20180916233030j:plain

f:id:saecophony:20180916233102j:plain

本牧埠頭は、「A」、「BC(かつてはそれぞれ独立)」、「D」、3つの突堤(とってい)からなるのですが、一般に開かれているのは、横浜港シンボルタワーや本牧海づり公園のあるD突堤です。本牧埠頭の入口から歩いてみると、海、道路、倉庫、コンテナ、工場、ときどきカモメ、という感じで、みなとみらいエリアとは印象が異なります。

 

汽車道

f:id:saecophony:20180917190457j:plain

f:id:saecophony:20180916233710j:plain

f:id:saecophony:20180916233210j:plain

f:id:saecophony:20180916233347j:plain

夜、街の灯りとかすかな波の音だけがきらめく闇のなかで、欄干の上に立って、"私"に果てもない夢の話をする"あなた"が見えるような気がします。

 

尾道(2018.09.10)

f:id:saecophony:20180916233827j:plain 

わたし「海風が違う、横浜の海風はもっと湿っぽい」

— さえこ (@saecophony) September 10, 2018

f:id:saecophony:20180916233912j:plain f:id:saecophony:20180916234014j:plain

千光寺山から因島方向。

- - - - - - - - - -

かなしみのなかにあって、ただひたすらに歩いたことはありますか?

"あなた"を失ったリリーさんは、もう会えない、そこにはいない、と頭ではわかっていても、いえ、いるからこそ、おもいでの場所(桜木町汽車道山下公園)にさよならを告げてまわり、最後に本牧にも立ち寄ったのではないかな、とおもうのです。

桜木町駅から横浜スタジアムまでは歩ける距離、というのは、横浜ロマンスポルノで体感された方もいらっしゃるとおもいます。最寄りの関内ではなく桜木町まで出てしまったほうが、電車の接続が楽だったりするんですよね、混みあう帰りは特に。

横浜スタジアムから少し歩いたところに山下公園があり、その先にマリンタワー神奈川県民ホールがあります。そして、マリンタワーから、本牧埠頭・D突堤にある横浜港シンボルタワーまでは、歩いて3km強の道のりです。ただひたすらに歩きたいとき、3kmというのは、けっこうさくっと歩けてしまう距離です。道は、海沿いなこともあってアップダウンがあまりなく(とはいえ途中で大きな道路を渡るための歩道橋があったりします)、横浜市営バスが走っているので、バス停と道路標識を頼りに歩いていけば辿りつけます。

- - - - - - - - - -

本牧でこころに蓋をした。シンボルタワーから、横浜駅行きのバスに乗る。ひたすら歩いてすこし落ちついたから、このまま終点まで、横浜へ出てしまおう。時間は、時間だけは、たくさんある。だから新幹線では速すぎるし、行きたい場所だってない。でも、気づけば、今日はもう遅い時間。いまから乗換えを重ねて遠くまで、知らないところまで行くのは、難しいかもしれない。……寝台特急、乗ってみようかしら。

22時過ぎの東海道線ホームから、西へ。 

 

岡山駅で、列車の切り離し作業を行います」

"私"の切符は、岡山まで。そこからは、そのとき決めようとおもっていたから。ひとの流れに乗って、階段を上る。降りたったホームに待っていたのは、やわらかい黄色の電車。

 

海の、匂いがする。

時計を見れば、岡山を出てから、1時間くらい。いつのまにか眠ってしまったみたい。

 

「次は、尾道尾道。」

 

かなしみだけ連れてきた、遠い街。海の色も、風のにおいも違うけれど、船の汽笛とカモメの声は変わらなくて、脳裏によみがえる、横浜の海。

 

- - - - - - - - - - 

参考

2018.09.07(金)→2018.09.08(土)

サンライズ出雲・瀬戸 横浜駅 22時24分発 / 岡山駅 6時27分着

山陽本線(三原行き) 岡山駅 6時45分発 / 尾道駅 8時06分着

f:id:saecophony:20180917190900j:plain 

f:id:saecophony:20180917190938j:plain

f:id:saecophony:20180917191102j:plain

f:id:saecophony:20180917191143j:plain 

f:id:saecophony:20180917191220j:plain

- - - - - - - - - 

f:id:saecophony:20180916233827j:plain